SkyDriveロゴ

NEWS

SOPHISTICATED

PARTNERSHIPS

partnership
partnership

SKYDRIVE FOR EVERYONE

SKYDRIVE

FOR EVERYONE

Vertical airports can be everywhere within cities

SKYDRIVE eVTOL Aircraft in the sky

Vertical airports can be everywhere within cities

Vertical airports can be everywhere within cities

Vertical airports can be everywhere within cities

Strategy for SkyDrive eVTOL

最高開発責任者のArnaud Covilleに、SKYDRIVE(SD-05)の特徴や優位性についてインタビューしました。
Interview 1では、都市内移動モビリティの実現性などの戦略を、Interview 2では特許申請中のドーム型ローターフレームとローターの曲面配置の利点について語ります。※記事は英語になります。

Vision of Osaka

大阪・関西万博の基本計画の一つに、「空飛ぶクルマ」が織り込まれています。
SkyDriveは、2023年2月に同万博の『未来社会ショーケース事業出展』の「スマートモビリティ万博」における空飛ぶクルマの運航に係る事業者に選定されました。

Technological Milestone

商用機体を開発中。2021年10月に、国土交通省により商用機体の型式証明申請が受理されました。機体の安全性及び環境適合性の証明活動を開始しています。

VIDEOS

SKYDRIVE

2025

SD-03

2020

SD-XX

CONCEPT

SKYDRIVE

2025
SKYDRIVE

SD-03

2020

SD-XX

CONCEPT

SD-05

SD-05は、2025年の大阪ベイエリアでの事業開始を目指して、現在開発している2人乗りの商用機。空を楽しく移動する未来を実現するため、日本で開発・製造しています。国が定める航空機レベルの安全性及び環境適合性を証明するため、日々飛行試験を重ねています。

SD-03

SD-03は、2020年8月にSkyDriveの豊田テストフィールドにて、日本で初めて公開有人飛行試験に成功した空飛ぶクルマの試験機です。技術特徴は飛行ユニットの仕組み「二重反転プロペラ」。8枚のプロペラを前後左右の4箇所に二重反転で留めることにより、世界最小クラスの機体サイズを保ちながら、人を乗せて運ぶのに十分な揚力を得ています。最大離陸重量は約400kgです。

SD-XX

SD-XXは、SkyDriveが最終的に目指すDoor to Doorの移動が可能なエアモビリティ。将来的には、例えばコンビニの駐車場やビルの屋上など、身近な狭い空間でも離着陸できるような2人乗りのコンパクトな機体を目指しています。また、目的地にダイレクトに移動できるよう、地上を走行できる機能も兼ね備えた「空飛ぶクルマ」の開発を見据えています。