CAREER STORY #渡辺 耕二郎

  1. HOME
  2. RECRUIT
  3. CAREER STORY
  4. CAREER STORY #渡辺 耕二郎

「空飛ぶクルマ」が社会の役に立ち、暮らしを豊かにできる。
その世界を想像しながら仕事に励む。

渡辺耕二郎 エアモビリティ事業部 構造設計マネージャー
東京理科大学理学部卒業、航空機メーカーにて航空、宇宙、高速鉄道などの構造設計に従事。その後、国立研究開発法人で深海探査機の開発に携わるなど、収益性を重視する民間企業と公益性を重視する研究開発機関の両方の立場で技術開発に関わってきた。
2020年にSkyDriveエアモビリティ事業部 構造設計マネージャーに就任。

構造設計から製造現場サポートまで、機体の開発に幅広く関わる。

− 現在の業務について教えてください。
エアモビリティ事業部で、構造設計業務の全体統括を担っています。
エアモビリティ事業部は、「空飛ぶクルマ」を開発・製造・販売する部門です。

「構造設計」の「構造」とは、機体の骨格や意匠デザインを考慮したカウリング(外装)など形状を構成する部分のことであり、機体全体を成り立たせるための仕組みのことです。その設計の中では、安全性、機能性、耐久性、カッコ良さや使い易さなど様々な考慮をしながら設計をしていきます。

設計から製造に移った段階では、製造現場でサポートも行います。設計されたものが正しく製造されているか、設計に無理がないかなど製造担当者と会話しながら進めていきます。また、開発時には試験も実施し量産製品へと反映させていきます。

現在は、飛行させる機体が試験飛行段階に入っており、主に広報イベント等で使用される展示機の製作を構造設計チームが担当しています。今は間近に控えたイベントに向け、全員が準備に邁進しています。

− チーム内ではどのような役割ですか?
チームは10人で、私はマネージャーとして主にメンバーが設計や作業するものに対して、計画したり、アドバイスをする役割です。基本的には、チームメンバーの座席は近くに配置し、随時、相談などを含めたコミュニケーションできるスタイルをとっています。MTGは週2回、全体で進捗状況を確認しながら作業を進めています。

− やりがいはありますか?
我々が創り出した「空飛ぶクルマ」が、社会の役に立ち人々の暮らしを豊かにできると考えており、その世界を想像しながら仕事に励むことがやりがいに繋がっています。
自由に空を飛ぶ、自家用モビリティで空を移動する。それは、未来の夢ではなくもうすぐ実現されようとしています。とてもワクワクしますよね。

パイロットになりたいという夢を持ち「空」に関わる仕事へ。

− 子供の頃からの夢はありましたか?
実は、子供の頃、飛行機が好きでパイロットになりたいという夢を持っていて、高校卒業後、航空自衛隊のパイロットの試験を受けました。初等練習機T-3を使った操縦試験の第3次試験までは残ったのですが、もう一つ及ばず、、という結果になり、断念して大学へ進学し、理学部物理学科を専攻しました。当時は、理科の先生にでもなろうかと思ったのですが、子供の夢が頭の片隅に残っており、最終的に就職したのは、航空機の製造メーカーである日本飛行機株式会社でした。

− 日本飛行機株式会社ではどのようなキャリアを積みましたか?
日本飛行機株式会社では、16年のキャリアを積みました。
技術部門に配属され、主に設計業務を担当しました。
その中でも、民間航空機の機体設計プロジェクトは若い時に頑張った仕事として心に残っています。
ボーイング社の機体でいうと、ある部分を日本が製造分担してボーイング社に納品するというスキームで、日本の機体メーカーがシアトルのボーイング社に集まり、各分担部分を設計して自社に持ち帰りました。自社の分担はB777主翼の骨であるインスパーリブとB747胴体フレームの部分です。航空機の設計というと一見華やかに思われますが、実際は地味な作業の連続で、製造前の図面を仕上げる時期には時間に追われて徹夜することも多いいわゆるデスマーチ状態の時もありました。ただ、それを乗り切った達成感と充実感は何物にも代えがたい思い出となっています。

その他、携わったものは、防衛省の C-2輸送機、P-1対潜哨戒機、US-2救難飛行艇、OH-1観測ヘリコプター、JAXA 宇宙ステーション補給機「こうのとり」や小惑星探査機「はやぶさ」の装備品、新幹線試験車両 やリニア実験線車両の構体等、様々な開発プロジェクトに関わりました。

このような航空、宇宙、鉄道など異なる分野の開発に関わり、様々な要求仕様を満足する設計を行ってきた経験は 技術者としての幅を広げるものでした。

「空」から「海」の仕事へ。

− 16年のキャリアの後、どのように次の転職先を決めましたか?
2006年度の海洋研究開発機構一般公開を見学に行った際に、技術職員と話をする中で、深海環境という特殊で過酷な環境に使用される機器の開発には、まだ適用されていない先進材料があり、それを採用することで、更に技術革新が進むのではないかと考えたことがきっか けで転職しました。

その先進材料とはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)という軽量で高強度、金属などのように腐食しない材料で、航空機では一般的でしたが深海探査機にはまだ適用されていませんでした。入構後はその材料を深海無人探査機や有人潜水船しんかい6500などに適用し、有効性を実証して現在も深海調査で活躍しています。その業績は2010年度理事長特別賞という形で表彰していただきました。

また、国のミッションである海底地震観測ネットワークシステムを構築する技術では、2011年にNHKで放送された「あなたが主役50ボイス~最先端技術ボイス~」に出演し紹介しました。

− その後、どのようなキャリアを積みましたか?
これまでの2社で、技術者としての仕事をやり切ったという思いをもっていた中、その後、小型船舶を所有してマリンスポーツに親しんでいたことから、海の安全に貢献している日本小型船舶検査機構で働いたり、直近では再び技術者として国土開発工業株式会社で技術部長としてシールドマシンや震災復興事業プラントの開発という経験を積みました。

プロゴルファーを目指したことも。

− プライベートについて教えてください。
野球、バスケットボール、セーリングとスポーツで体を動かすことが日常だった学生時代。特にセーリングは社会人になってからも続け、自然の中で風を駆使してヨットを動かす技術を身に着けたことや自然の厳しさを知ったこと、また、チームワークやリーダーシップなど、現在の仕事にも活かされています。

技術者から一転、実はプロゴルファーを目指した2年間があります。学校で専門的な指導を受けたものの目標のレベルには達せず断念するという経験をしました。その後、2018年から再び技術者として仕事に励んでいる訳ですが、ゴルフを通して学んだメンタルマネジメント、コーチング、トレーニングなどは、仕事にも今後の人生にも活かされるものでした。

「100年に一度のモビリティ革命」といえる開発。転身に迷いはなかった。

− SkyDriveを知ったきっかけは何ですか?
大きなプロジェクトが終わった時に、自分の市場価値を知るために転職サイトへ登録したことをきっかけに、ヘッドハンティングをしていただきました。
それまではお恥ずかしながらSkyDriveのことを知らなかったのですが、「空飛ぶクルマ」は今までないし、未来の夢では語られても、実現できてない。本気でやってる会社があるんだと感動しました。
HPも見て、空の移動革命に向けて官民一体となって必ず実現するという情熱が伝わり、航空機関係の経験もあったので、何か手伝えることがあるのではないかと思い、入社を決意しました。

− ベンチャー企業に不安はありませんでしたか?
これまで無かったものを創り出す。技術者としてこれほどモチベーションが高まる言葉はありません。増してや100年に一度のモビリティ革命といえる開発です。転身に迷いはありませんでした。

− SkyDriveの開発環境はいかがですか?
当社は、設計、製造、試験を一貫して行えるとても充実した開発環境を有しており、PDCAを繰り返し回しながらスピード感を持って製品の完成度を高めていくことができます。これは、技術者にとっては恵まれた環境と言えます。
また、開発を行う豊田テストフィールドのある愛知県は、近隣に山あり川あり海ありの自然を体感できる環境で、想像以上に住み心地が良いと感じました。また、キャンプ場やゴルフ場も多く、プライベートではアウトドアを満喫できます。

− SkyDriveはどんなところですか?
各分野の専門家が集まっており、活発に意見を交わしながら仕事を進められ、縦の繋がりだけでなく横の繋がりも強く、協力が取れるとてもフラットな体制です。

個人的に嬉しいことは、最近はゴルフを楽しむ仲間が増えてきていて、プライベートでも一緒にラウンドします。確実に仕事のチームワークに活きていると思いますね。

SkyDriveで成し遂げたいことは山ほど。

− SkyDriveで成し遂げたいことはありますか?
「空飛ぶクルマ」の開発を成功させたい。
SkyDriveでモノづくりを通して、人々に新たな価値を提供していきたい。
子供たちにこのような仕事の楽しさや大切さを伝え、夢を持ってもらいたい。
これまでの技術・知識をスタッフに伝承していきたい。
「空飛ぶクルマ」を自家用として社会に普及させていきたい。
成し遂げたいことは山ほどあります。常に目標を持ち続け、成長し続けたいです。

候補者の方へ メッセージ

−どんな人が向いていると思いますか?
空が好きで空飛ぶクルマが溢れる社会が想像できる人、これまでの既成概念にとらわれない発想ができる人、常に前向きな考えを持ち意見が述べられる人、地道な作業を進められる人、健康と体力に自信のある人、このいくつかに当てはまる人はSkyDriveで活躍できると思います。

是非一緒に働きましょう。

career story

SkyDriveの活動の情報はこちら