SkyDriveのお知らせ

NEWS

  1. HOME
  2. NEWS
  3. 元三菱航空機副社長・岸信夫氏がCTOに就任 ならびに日本初の有人飛行試験における技術検証完了 ~SkyDriveの空飛ぶクルマの開発加速!~
代表取締役 福澤、CTO 岸

元三菱航空機副社長・岸信夫氏がCTOに就任 ならびに日本初の有人飛行試験における技術検証完了 ~SkyDriveの空飛ぶクルマの開発加速!~

株式会社SkyDrive(本社:東京都新宿区 代表取締役 福澤知浩、以下 当社)は、三菱航空機株式会社でチーフエンジニア、副社長と要職を歴任された岸信夫氏が、4月1日付で当社のCTO※1(最高技術責任者)に就任致しました事、ならびに、日本初の『空飛ぶクルマ※2』の有人飛行試験における技術検証第一弾が安全に完了した事を、お知らせ致します。

左から事業責任者 宮内、代表取締役 福澤、CTO 岸氏、チーフエンジニア 安藤
左から事業責任者 宮内、代表取締役 福澤、CTO 岸氏、チーフエンジニア 安藤
有人飛行試験の様子
有人飛行試験の様子
SkyDriveのメンバー
SkyDriveのメンバー

 当社の開発プロセスは大きく分けて、技術検証フェーズと、耐空証明フェーズの2つがあります。2018年12月に無人形態での屋外飛行試験を開始し、以降、数々の技術検証を実施して参りました。そして、2019年12月から開始した有人飛行試験では、現試験機における操縦性、飛行安定性を確認し、その過程を安全に終了いたしました。今後は、人が操縦する事で明らかになった改善すべき特性を設計にフィードバックしていきます。

 2023年の実用化に向け、耐空証明フェーズでは、航空機レベルの開発管理をしていく事が必要不可欠となります。リーン開発※3を進めてきた当社に、航空機の開発プロセスを熟知した岸氏が加わる事により、安全性を更に考慮した開発プロセスを実施でき、機体開発が加速すると確信しております。

■岸 信夫(きし のぶお)氏について
大阪府立大学工学部卒業。三菱重工、三菱航空機にて、旅客機などの開発に37年間従事。この間先進技術実証機プロジェクトマネージャ、国内初のジェット旅客機MRJ(SpaceJet)のチーフエンジニア、技術担当副社長を歴任。

■岸 信夫(きし のぶお)氏のコメント
SPACEJET(旧MRJ)を代表とする、37年にわたる航空機開発の中で培った、型式証明、安全性検証、プロジェクトマネジメント、システムインテグレーションなどの経験、知識を、SkyDrive社が目指す「空の輸送の概念を大きく変える空飛ぶクルマの開発、実用化」に活かしていきます。SkyDriveの社業を通じて、航空機の並みの安全性を確保したリーンな開発プロセス、先進的なコンポーネントの採用、革新的な量産プロセスなど多くの産業を巻き込む、まさに空を翔ける産業革命に貢献できればと思います。

※1 CTO:Chief Technology Officerの略。最高技術責任者のこと。

※2  空飛ぶクルマとは:正式名称は「電動垂直離着陸型無操縦者航空機」と呼ばれ、電動化、完全自律の自動操縦、垂直離着陸が大きな特徴です。モビリティ分野の新たな動きとして、世界各国で空飛ぶクルマの開発が進んでおり、日本においても都市部でのタクシーサービス、離島や山間部の新たな移動手段、災害時の救急搬送などにつながるものとして期待されています。既存の航空機に比べて低コスト・低騒音、かつ離発着場所もコンパクトになるため、空の移動がより日常的になると考えられます。2040年にはグローバルで150兆円の市場規模に達すると予測されており(Morgan Stanley調査)まさに、次世代産業の1つです。日本においても、2018年から「空の移動革命に向けた官民協議会」が開催され、2023年の事業開始、2030年の本格普及に向けたロードマップ(経済産業省・国土交通省)が制定されております。先進国においては渋滞緩和、災害時利用、新興国においては、インフラ不要の移動手段としての活用が見込まれております。

※3 リーン開発とは:トヨタ生産方式を開発工程に応用させた、プロセスから無駄を取り除くことを目的とした開発手法のこと。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

SkyDriveの活動の情報はこちら