SkyDriveのお知らせ

NEWS

  1. HOME
  2. NEWS
  3. 『空飛ぶクルマ』の有人飛行動画、3日で再生回数100万回超え! 日本初・発の技術を世界へ発信! ~9月10日開催のアジアモビリティ会議にも登壇~
SkyDrive SD-03

『空飛ぶクルマ』の有人飛行動画、3日で再生回数100万回超え! 日本初・発の技術を世界へ発信! ~9月10日開催のアジアモビリティ会議にも登壇~

『空飛ぶクルマ』※1を開発する株式会社SkyDrive(本社:東京都新宿区、代表取締役 福澤知浩、以下「SkyDrive」)が、2020年8月28日(金)に世界初公開した「有人機SD-03」の飛行動画の再生回数が、およそ3日で合計100万回超えた事をお知らせいたします。

SkyDrive SD-03

■動画について
「有人機SD-03」のプロジェクト動画
SkyDrive Project SD-03 world debut130万回再生・2020年9月2日時点

(参考:以下、約3日で45万回再生)
・「有人機SD-03」の有人飛行動画編集なしフルバージョン/45万回再生・2020年9月2日時点
World debut SkyDrive Manned Flight by SD-03 in the summer 2020 Full Version

■動画再生について
動画は、日本国内のみならず、北米を中心にカナダ、メキシコ、スペイン、インド、ロシア、台湾等、約95%が海外で視聴されています。
(YouTube アナリティクス調べ・2020年9月1日時点)

■代表取締役 福澤 知浩 コメント
この動画をキッカケに、SF以外で初めて空飛ぶクルマを知り、「こんな世界が来るのが楽しみ!」などのコメントを多数いただいております。

引き続き、日本発のグローバルものづくりカンパニーとして、世界中の方々に愛されるモビリティを開発すべく、邁進してまいります。

アジアモビリティ会議「MOVE Asia Virtual 2020」での登壇について
SkyDriveは、動画で日本初の技術を海外に発信するのみならず、2020年9月8日(火)~9月10日(木)にオンラインにて開催される、技術開発企業が自社の技術を業界関係者に披露するアジアモビリティ会議「MOVE Asia Virtual 2020」でも情報発信を行います。

2020年9月10日(木)15:00~16:00(JST)に開催予定のパネルディスカッションに、エアモビリティ事業部事業開発シニアマネージャーの福本大悟が参加し、モビリティの離発着場を開発するスカイポート社(イギリス)、SkyDriveと同様に『空飛ぶクルマ』を開発するボロコプター社(ドイツ)、リリウム社(ドイツ)と、「エアモビリティがもたらすアジア都市の変革」についてディスカッションをします。

日時2020年9月10日(木)15:00~16:00(JST) ※14:00~15:00(SGT)
開催方法オンライン 
開催言語英語
参加費SGD$50
内容パネルディスカッション「Transforming Asian cities with urban air mobility」
登壇者Daigo Fukumoto, Senior Manager of Air Mobility Division(SkyDrive.Inc)、
Peter Littau, Business Development Manager(Volocopter)、
Damian Kysely, Regional Manager, APAC (Skyports)、
Oliver Walker-Jones, Head of Communications(Lilium)
モデレーターJeffrey Lowe, Managing Director(Asian Sky Group)
主催Terrapinn Pte Ltd
お申込みhttps://www.terrapinn.com/virtual/move-asia/index.stm

※1 空飛ぶクルマとは:正式名称を「電動垂直離着陸型無操縦者航空機(eVTOL(electric vertical takeoff and landing))」と呼ばれ、電動化、完全自律の自動操縦、垂直離着陸が大きな特徴です。モビリティ分野の新たな動きとして、世界各国で空飛ぶクルマの開発が進んでおり、日本においても2018年から「空の移動革命に向けた官民協議会」が開催され、都市部でのタクシーサービス、離島や山間部の新たな移動手段、災害時の救急搬送などにつながるものとして期待されています。今後は、2023年の事業開始、2030年の本格普及に向けたロードマップ(経済産業省・国土交通省)が制定されています。

<報道関係お問い合わせ>
株式会社SkyDrive 広報
https://skydrive2020.com/contact

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

SkyDriveの活動の情報はこちら